足助をどり手ぬぐいイラストとデザイン

地元である愛知県豊田市足助町の夏の盆踊りイベント「足助をどり」のオフィシャル手ぬぐいを制作いたしました。

 

残念ながら私は都合が悪く当日帰省できなかったのですが、8月10日に無事盆踊り大会は執り行われたようです。

 

私は小さいころから盆踊りが好きで、地元にいるときは毎年参加を楽しみにしていました。

浴衣を着て参加したことを懐かしく思い出します。

 

当時は各地区の広場で開催されていましたが我が地元も他に漏れず過疎化、少子高齢化が進みここ数年はいくつかの地区が1か所に集まって開催されていたそうです。

数年前から地元有志がこれ盛り上げようと町中を練り歩くように、地域に伝わる盆踊りを自由参加で体験してもらおうというイベントを企画開催しているそうです。

足助に伝わる盆踊りは3種類あります。

今回制作した手ぬぐいは足助商工会青年部監修のもとその足助節、足助音頭、香嵐渓音頭の決めポーズをイラスト化しました。

 

 

 

 

こちらは現在足助商工会青年部で活躍する幼馴染からのご依頼で実現した案件。

かねてよりみなさんと何かやりたいねと話していたので、実際形になると感慨深いです。

これをきっかけにいろいろ地元の活動に携わっていければと思います。

 

 

通常はイラスト制作のみでデザインはお受けしないのですが、幼馴染からのたっての依頼と地元活性化のために頑張っているみんなに貢献したい気持ちがあり、今回はイラスト制作+デザイン制作+手ぬぐい制作の発注まとめてお受けしました。

 

 

余談ですが、足助の旧市街はかつて愛知県の太平洋側の町から長野の山間部へ塩を運んだ「塩の道」中継点として栄えた宿場町。

山間部ということが幸いし高度成長期やバブル期の開発にも巻き込まれず、今も多くの江戸時代の建物が数多く残され、それらが重要な観光資源になっています。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

コメント