△=▼=金川カモメのブログです=△=▼

イラストレーター『金川(カナガワ)カモメ』のおしごと、オリジナル作品等を紹介するブログです。

2008年に作ったHPの情報がちょっと古くなったので、最新情報はこちらにアップしています。
グッズや作品集のオンラインショップはこちら  →  ☆Kanagawa Kamome Online Shop☆

 

SNSでも情報をアップしています。
Twitter @kamo_meshi
Instagram @k_kamome

 

 

クライアント様へ▷
ここ数年の主なお仕事とオリジナル作品をまとめたA43つ折りパンフレットのご用意があります。
無料でお送りします。

パンフレットのご用命、イラストのご相談ご依頼は info☆k-kamome.net までどうぞ。
(☆を@に変えて送信してください)
お気軽にご連絡ください。
↑パンフレットの表紙

 
タッチはクレパス、ドローイング、カラーインク、水彩など様々。
どうぞお好きなタッチでご依頼ください。
得意なモチーフは人物、民族衣装、動植物、建築物など。
手描き文字も得意です。
 
 

 

  

 


 

お仕事以外の日常を綴った日記はこちら。
写真がメインでいきもの、本、音楽、イベントなどについて書いています。

友人と本好きユニット「cyan」としても活動中。
The Tokyo Art Book Fairにも個人、チームで参加しました。


       



     


  

 
これまでの主なお取引先
(順不同 敬称略)

〈雑誌・書籍・カタログ・パンフレット〉
インデックス・コミュニケーション (Soup.)
インファス (流行通信)
エフジー武蔵 (nid、IKEA BOOK、Living Garden)
オレンジページ 
講談社 (FRaU)
誠文堂新光社 (うさぎの時間)
ハースト婦人画報社 (ELLE JAPON)
パンニュース社
髪書房 (NEXT LEADER)
フリースタイル (Simokita Style)
文藝春秋 (CREA)
編集会議 (宣伝会議)
ベネッセ・コーポレーション(たまごクラブ、サンキュ!)
薬学ゼミナール (薬ゼミプラス)
リクルートホールディングス (suumoリフォーム)
ネコパブリッシング (トルテ)
POLA(会報誌) 
ACTUS(2017、2018 kids カタログ、Web広告) 
サンケイリビング新聞社
家の光協会
ヒューマンアカデミー
ミューザ川崎シンフォニーホール

〈雑貨、ノベルティグッズ〉
コギト(スマートフォンケース)
ネコパブリッシング (雑誌「HONEY」オリジナルコーヒータンブラーとドリンクボトル、雑誌「ねこ」オリジナル豆皿)

〈広告〉
横浜ベイクォーター
Microsoft Japan(セキュリティムービー)

〈アパレル・服飾資材〉
giiton(ワッペン)
グラフィス (Tシャツ)

〈放送メディア〉
ZIP-FM (フリーペーパー、販促品)

〈インフラ系〉
東邦ガス (カルチャー教室パンフレット)

 
JUGEMテーマ:アート・デザイン

ベトナム航空ビーチリゾートガイドパンフレット

ベトナム航空さまの「7つのビーチリゾートガイド」パンフレットにイラストが掲載されています。

こちらは2018年9月8日、9日に横浜で開催されたベトナムフェスタ in 神奈川で配布されました。

 

 

 

 

バッグ?カメラ?型のパンフレットデザインがおしゃれ。

 

最近は東南アジア各国でもヘルシーブーム。

玄米フォーや自然派コスメ、地産のカカオを使用したプレミアムなチョコレートが人気だそう。

イラストを素敵にお使いいただき嬉しいです♡

 

後日こちらのパンフレットのデータはベトナム航空さまのウェブサイトでも公開される予定です。

 

 

 

 

イラストの部分を拡大↓

最近人気なべトナム土産いろいろ。

ドローイングインクで輪郭を描き水彩絵の具、色鉛筆で彩色しています。

 

 

 

ベトナムマップ

 

 

 

トロピカルドリンクを飲む女性

ベトナム航空の機体

 

写真をとる女性

 

 

観光マップを手に散策する女性

 

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン


木tch(コッチ)アクセサリー発売のお知らせ

金沢のデザイン事務所、株式会社フォーオンさまの木tch(コッチ)というアクセサリープロジェクトにイラストで参加しております。

 

 

 

 

 

国産クルミ材を使用した手触りが優しい。

柿渋を重ね塗りして質感を出し、仕上げに蜜蝋を塗っているそう。

 

 

カモメデザインのアクセサリーは2018年秋冬コレクションに2アイテム登場です。

一つ目は感電したような輪郭のキャラ。

その名は「ビリビリマン」。

おかげさまで好評です。

 

もとになったイラストはこちら↓

レーザーカッターで切り出し作業を行うとのことで、ビリビリの再現性が素晴らしい。

 

 

 

2つ目はこちら。

白鳥の求愛ポーズをハート型に見立ててデザインしました。

ハート形の切り抜きと白鳥の首の模様がポイント♡

 

もとの白鳥のイラストは↓

 

 

 

 

どれもお求めやすいお値段ですので、ご自分用と大切な方への贈り物にぜひとどうぞ。

木tchアイテムのお取り扱い店はこちらです。

カモメデザインの商品をお取り扱いいただいていないお店もございます。

在庫確認は直接お店へお願いいたします。

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

 

 

 

 

 

 


雑誌「サンキュ!」イラスト

イラストのお仕事です。

ベネッセコーポレーション刊雑誌「サンキュ」さん10月号にイラストが掲載されています。

別冊付録「お金が貯まる片付け完全ガイド」。

読むだけで貯金した気がします。

 

ヘンテコでゆるいかるた絵を描きました。

書店やコンビニで見かけましたらぜひお手にとってご覧ください。

 

 

10月号は東京都が発行した便利な「防災ガイドブック」がついています。

 

 

 

 

↓こちらが拡大したイラストです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン


個展「カモメという名の猫」 展示作品とrionxxさんのストーリー

先日の個展「カモメという名の猫」で展示した作品です。

 

今回の個展企画として友人の文筆家兼「ふるふる舎」舎主のrionxxさんにストーリーを考えてもらい、そこから想像を膨らませて絵を描くということをしました。

 

会場ではお客様に下の文章を読みながら、絵を見ていただきました。

 

文章を読む前と読んだ後では絵の印象が全然違う、想像力がかき立てられた、絵をもっと見たいとみなさん口々におっしゃってくださり、文章のもつ力ってすごいなあと改めて感じました。

 

 

 

以下グレーのテキストがrionxxさんの紡いだストーリー。

イラストと合わせてお楽しみいただければ幸いです。

 

ー ー ー ー ー ー ー ー ー 

 

休日の朝は、なぜか早起きしてしまう。

軽く身支度を整えて喫茶店に立ち寄る。

 

 

カランコロンと、扉の音に始まり

クロワッサンの焼き立ての香りと

珈琲の濃厚な香りが広がる店内に、

心地好くスムースジャズの音色が響いていた。

 

 

焼き立てのクロワッサンに

追加で注文したチーズを

とろ〜っと乗せて食べるのが

僕のお気に入りだ。

 

 

 

チーズの香りにつられてか、

チリリンと向こうからやってくるのは

番犬ならぬ番猫の「カモメ」。

いつも「ニャゴニャゴ」と何かつぶやいている。

 

「おや、今日は休みなのかい。」

「美味しそうなものを食べているね。」

と、しっぽが触れる度に話しかけられている気がして

「ここのクロワッサンはサクサクでね。」

「これから本を1冊探しにいくんだ。」

などと、返事をしてみるのだ。

 

 

 

上半身の毛並みがふくよかな割に、脚が長く細いため

何気に映る影が『カモメ』そっくりなのだと、

そのうち「カモメ」と呼ぶと振り向くようになった。

 

 

カップの底が顔を出し、

ウツラウツラとカモメの目が閉じた頃、

僕はようやく店をあとにした。

 

 

 

風を受けながら向かった先は、

灯台近くの丘の上にある小さな古本屋さん。

 

 

 

独特の面影を漂よわせながら、

本たちは静かなフリして並んでいた。

無造作に散らばった椅子に腰掛け

手に取った本をめくってみる。

 

タイトルは「猫のファッションショー」

しおれそうな木に集まる猫たちの話で、

木に飾り付けをして元気を与える。

 

 

 

月夜の晩は、陽が登るまでの間

飾り付けされた木の下で

ファッションショーが行われた。

 

星のランプたちが、大きな木にぶら下がり

辺り一面をキラキラと照らしだす。

 

華やかな洋服やアクセサリーに身を包んだ

長脚ネコたちが、クルクル舞い踊ると

木は少しずつ回復してゆくのだった。

 

僕は、本の中の長脚ネコたちと

喫茶店のカモメが重なって、

もう少し浸っていたかったのかもしれない。

 

 

早速、見つけた本を片手に

ホクホクと家路へ急いだ。

 

 

 

 

帰り道、喫茶店の入り口には

夕日に照らされたカモメが

陽だまりを抱えていた。

 

 

 

「陽だまりとカモメ」

 

story by rionxx

 

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

 

こちらのイラスト、画材は全て長年愛用中のuni-ball Signoです。

ますますカラーバリエーションが豊富になり、グラデーションなど微妙な色彩表現も可能になりました。

 

もう少しイラストを増やして冊子にしたいねなどと話しています。

近い将来実現するといいな。

 

rionxxさん素敵な文章をありがとうございます=☆

 

 

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン


ミューザ川崎シンフォニーホール サマーミューザの広告イラスト

お仕事のお知らせです。

 

 

 

 

 

ミューザ川崎さまのイベント告知広告にイラストを描きました。
「フェスタ サマーミューザ」と言うクラシック音楽夏の催しです。

 

こちらはサンケイリビング新聞社さんのフリーペーパーにも告知が掲載されています。
新聞折り込み、配布もあったそう。
ピアニスト、指揮者、楽器などを描きました。


担当者さま、いつも美しくデザインしていただきありがとうございます。

 

7月の個展に出かける前に掲載物をいただいておりました。

こちらのイベントはすでに終了しております。

 

 

 

イラストのタッチは手描きの線画にPCで手描き風の着色をしております。

私にしてはかっちりとした珍しいタイプの絵。

 

 

ピアノとピアニスト↑

 

 

 

指揮者(イケメン指定)↑

 

 

 

クラリネット、バイオリン、ホルン、トランペットなど楽器色々↑

 

 

 

ドビュッシーにちなんで北斎の絵(神奈川沖波裏風)も描きました↑

 

 

 

そしてWest Side Storyの名シーン↑

 

 


2018年7月 個展(@gallery 35 Kyoto Kamanza)のようす

 

HPでのご挨拶が遅くなりましたが、おかげさまで7月の京都での個展終了しました。

もう8月も中旬ですね!

 

 

京都でイラストレーターとしての道を歩み始めた私ですが、個展は初めての場所。

京都在住の友人に助けられ、なんとか無事会期を終えられました。

 

お客様の顔ぶれはいまでも連絡を取り合っている友人をはじめイラストスクール時代の友人がお子さんを連れて来てくれたり、アルバイト先の元同僚、学生時代の友人そして仕事関係の方など様々。

今っぽいなと感じたのはSNSを見て来ましたという方。

近所の銭湯やお世話になっている古書店でDMを見て来ましたという方など、情報の得かたは多種多様。

会場がとても雰囲気のある建物なので、リアルな場の雰囲気を感じていただけて嬉しいです。

 

 

会期中の京都市内は連日38℃越え…。

5日間猛暑の中お立ち寄りくださった皆さま、興味をもってくださった方々にお礼申し上げます。

今回この個展を一緒に盛り上げてくれた友人2人と、貴重な機会をくださったギャラリー35オーナーのHさまに心から感謝いたします。

ありがとうございました♡♡

 

展示した作品はこちらの記事をご覧ください。

 

 

Gallery35はこんなアジのある路地長屋の一角にあります。

「この路地は猫が通るよ」とお隣のご夫婦が教えてくれました。

しかし猛暑のせいか現れず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふるふる舎さんに猫本を販売してもらいました。

 

アクセサリー作家のkiki&yuyuさんワークショップの様子。

 

 

 

東京の友人より届いたお花。

 

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン


Online Shopオープンのお知らせ=☆

 

金川カモメ Online Shop オープンしました!

 

今後はこちらからグッズを購入いただけます。

ゆくゆくはこちらで原画も販売していきたいと思います。

 

 

ただいまオンラインショップオープン記念で、先着20名様にささやかなプレゼントをご用意しております。

缶バッジ、ポストカードなどお一人様お一つ。

アイテムは届いてのお楽しみ♬

なくなり次第終了です。

https://kkamome.thebase.in 

 

ぜひご覧ください。

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン


書籍「HYGGE(ヒュッゲ)」のイラストを描きました=★

お仕事のお知らせです。

書籍の挿絵を担当しました。

 

HYGGE(ヒュッゲ)とは?

デンマークの人々がかねてより実践している心地良い暮らし方のこと。

2016年あたりから欧米でじわじわときているようです。

詳しくは東洋経済オンラインさんのリンクをご覧ください。

 

北欧のほっこりとしたライフスタイルは、日本の国民性にマッチしているとよく耳にします。

皆が意識するようになったらもっと住みやすい国になると思います。

興味のある方はぜひご一読ください。

 

 

HYGGE」大和書房刊

シャーロット・アブラハムズ著 / 鈴木素子訳

 

 

帯にも著者の似顔絵が。

 

 

ヒュッゲ実践のポイントについての小さなイラスト。

 

 

 

 

 

そでの部分にもチラリ。

 

素敵なデザインに仕上げてくださりありがとうございます!

 

 

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

 


猫とお揃いで楽しめる♪アクセサリーワークショップ参加者募集のお知らせ^=×=^

7月の京都のイベント情報です。

個展のお知らせでご紹介したkiki&yuyuさんは今回の個展では、ゲストとしてイラストとコラボした猫の首輪風アクセサリーを制作してくださいます。

セミオーダーで受注会を予定。

 

それとは別に、会期中に猫と飼い主ペアでつけられるブレスレット&首輪のワークショップを開催致します。

あなたもkiki&yuyuさんと素敵なアクセサリーを作ってみませんか?

今回作るのはおしゃれな猫ちゃんご満悦!?カラフルで素敵な首輪アクセサリーです。

参加者ただいま絶賛募集中!

下に詳細と応募方法がありますので、みなさんふるってご参加ください。

 


●参加費:1点で1000円、2点で1500円(材料費込み)
●日時:7月15日(日)
・14:00〜
・15:30〜

●所用時間:1点につき30分程度

*必ずしも猫ちゃんとペアで無くても結構です。1つでも2つでもOK。
(例:自分用に1点、親子で2点、自分とプレゼント用に2点など・・・)
*ヒモの色や素材は数種類の中から選んで頂けます。
*イニシャルチャームを一つお選び頂けます。
*ある程度まで、長さ&太さの調整は可能です。
*大人同伴でしたら小学生ぐらいの子供さんでも参加可能です。
*各枠5名まで。定員になり次第締め切ります。

*安全を考慮し、ひっかかった時に取れるマグネットタイプの金具を使用しています。負担の無いように軽い素材を使用しています。
*猫ちゃんにご使用の際は慣れない間は目の届く範囲でご使用下さい。(首輪を嫌がる猫ちゃんもいるようです。)
*留め具は金属ですので、猫ちゃんの 健康面(特に皮膚)に心配がある場合は注意して下さい。一時的なおしゃれや写真撮影など、短時間のご使用でお楽しみ下さい。

 

ご質問、ご不明な点がございましたら、作家(kiki&yuyu)までお気軽にお問い合わせ下さい。


●お申し込み方法:
こちらのアドレスまで下記の内容を記載して送信して下さい。
kikiandyuyu★yahoo.co.jp(★を@に変えて送信してください)

ワークショップ担当:佐原 宛て

件名:猫アクセサリーワークショップ申し込み

 

・代表者のお名前
・参加人数
・ご連絡先お電話番号

 

会期中は祇園祭の真っ只中です。観光がてら是非お越し下さい♪

 

 

写真はサンプルイメージです

JUGEMテーマ:アート・デザイン


| 1/49PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM